無料メルマガはじめました
無料購読はこちらをクリック→ここをクリック
ブログランキングに参加しました!応援お願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
ス ポンサードリンク

2009年05月05日

トレンドの転換点を知る

今晩は! 全力チーターです。

今日も、テーマはFX。松下誠さんDVDセミナー上級編VOL.2『トレンドの転換点を知る』のシェアです。

と、その前に、今日は5月5日の端午の節句ですね。
我が家では、息子の初節句です。
私と妻の両親が我が家に来て、初節句を祝いました。

で、先日父親にビジネスの話しをしたら、なんと今日母親が私にも一枚かませろといってきた?!・・・わかってんのかな???

まあ、それは置いといて、お昼からたっぷりお酒を飲んで、昼寝して、楽しい?1日でした。

そんな日でも、DVDセミナーは1枚(1時間ちょっと)を見たので、その内容を書きます。

○サイクル理論VOL.2 『トレンドの転換点を知る』

前回までで、大きな(約18W)の相場の流れを見ました。
では、現在17週目で、そろそれダウントレンドが終わって、アップトレンドに転換するのではないか?という時、何を持って『反発』を見極めて、相場にエントリーするのか?

『反発』とは何だ?!

松下さんは大きく3つ示されました
@日足
隣り合う日足チャートが高値・安値が陽線で切り上げた。
A移動平均線
短期(10日)移動平均線を陽線で抜けたのを確認。
Bダウ理論
日足(数本以上)のレベルでダウ理論の完成を確認して、次の日に安値・高値を切り上げたのを確認。

『下落』の場合はこれと逆パターンです。

そして、間違えてはいけないのは、大前提として相場”環境”が、17W目の下落途中で、そろそろ”サイクル理論”で反発するという時に使う判断材料だということです。
”環境”が未だ、ダウントレンド真っ最中の時にやっても飲み込まれるだけです。

そして、どの3点でも、サイズは小さく(資金管理マネジメント)と損失管理(2%損切りルール)は絶対に守る。
そして、ルール(ストーリー)を作って、履歴をつけるという初級編の基礎は忘れないようにすることが必要です。

これが出来て、うまいことサイクル理論に乗っかれば、10何週間アップトレンドに乗って、利益を伸ばすことが出来ます。

うーーん、素晴らしい。
実践します。



スポンサードリンク
posted by 夢を生きる全力チーター at 21:28 | TrackBack(0) | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。